WebデザイナーのパソコンってWindows?それともMac?

OZPA89_danbosukimakara500

「Webデザイナーを目指して勉強をしよう!」

「実際にWebデザインを仕事にしていこう!」

と思ったときに、最初に迷ったのがパソコンはMicrosoftのWindowsを買うべきか、それとも今やiPhoneでもお馴染みのAppleのMacを買うべきか…ということでした。

まずは簡単にそれぞれのメリットをから紹介していきます。

Windowsのメリット

  • 会社や家で使っている人が多い(全体の約9割)
  • 色々なメーカーから売られている
  • 安く購入しやすい
  • カスタマイズしやすい

Macのメリット

  • フォントが綺麗(文字がギザギザしてない!)
  • iPhoneやiPadを持っていると連携しやすい
  • ちょっとお金と時間をかければ、MacでWindowsも使えるようになる
  • デザインがオシャレ(主観です!)
  • デザイナーっぽい(笑)

最初に買ったパソコン

特にWebデザイナーを目指していなかった頃に買ったのはWindows。

なぜって?!みんな持ってて価格も安かったからです!誰もが知っているような有名メーカー各社から発売されていて、パソコンひとつでテレビを見れたり録画もできたりなんかして、当時の私にはWindowsという選択肢しかありませんでした。

ちょっと詳しい友達に聞いて、よく意味もわからずメモリを増設してみたり、ボタンがいっぱい付いてる別売りのマウスを買ってみたりもして、それなりにパソコン使いこなしてるな〜って感じは出してました。

その後の途中経過

最初に買ったパソコンも数年経つと時代の波に乗り遅れる感が出てしまい、特に壊れてはいなかったけど、新しいパソコン(せっかくなのでノート)が欲しくなってもう一つWindowsを買いました。

Webデザイナーに転職してからも、会社ではWindowsを使用していたこともあり、そのままWindowsを使い続けていましたね。

最終的に使っているパソコン

そして今、私は何を使っているかというと…

完全にMacに乗り換えました!!

きっかけは何と言ってもiPhone!!

Windowsを使い続けるうちに、なんとなくアンチMacとなっていましたが、なぜか音楽プレーヤーだけはiPodを使っていたこともあり

「携帯と音楽プレーヤーがひとつになるなら持ち運びが楽じゃん!」

と思ってガラケーからiPhoneに乗り換えました。

そこからというもの、アンチMacだったのが嘘のように一気にApple製品の魅力に取りつかれ、家用にiMacを、そして持ち運び用にはMac Book Airを買い、さらにはiPad miniまで購入してしまいました。

それらを全て使いこなせているかというと…

Apple製品はなんせデザインが洗練されていてカッコいいので、家に置いてあるだけで、カフェでちょっと開くだけで、その価値を感じることができるんですよ(笑)

なんとなく高そうなイメージがある?Macですが、実は8万円前後で買えるモデルもあるので、学生や主婦、フリーターの方であまりお金をかけられないといった方にもお勧めです!

まとめ

制作というとMacというイメージを持つ人が多かったりもしますが、実際には制作をするためのソフトが使える性能さえあれば、特にどちらでも大差はありません。

ちなみに制作会社ではMacの使用率が高いと思いますが、Webデザイナーの働き方でも紹介しているように、制作会社ではなく、一般企業のWeb制作部門で働く場合は、オフィスにWindowsしかないという環境も珍しくありません。

逆に印刷物も扱っているような制作会社だったりすると、Macしかないなんてこともあるので、スムーズに仕事に入るために慣れておくという意味では、自分がどんなところで働きたいのかを事前に考えて購入するのもありですね。

根本的な部分を作っている会社が違うので、使い勝手がそれぞれ違う部分もありますが、実際に制作をする時に使うソフトは同じですので、例えばWindowsで問題なくソフトが使えるようになれば、Macでもほぼ問題なく同じことができます。

そんな訳で、最初に買うパソコンはそこまで難しく考えずに、好きな方を選ぶことをおすすめします!

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です