【完全版】Webデザイナー面接で絶対に聞かれる質問&対策マニュアル

転職ノウハウ

※アフィリエイト広告を利用しています

Webデザイナーの面接ではどんな質問をされるの?

面接が苦手で緊張しちゃう…

AKI

Webデザイナーの面接で聞かれる質問と対策を完全解説します!

Webデザイナーとして活躍したい!そう思うあなたにとって、面接は大きな壁となるかもしれません。

しかし、大丈夫です!

実際に全くの未経験からWebデザイナーへ転職したWebデザイナー歴10年以上の私が、Webデザイン未経験者でも内定獲得できるよう、面接で聞かれる質問と対策を徹底解説します!

このマニュアルでは、頻出質問に対する具体的な対策はもちろん、服装・身だしなみや逆質問など、面接で成功するために必要なすべてを網羅しています。

独学でWebデザインを学んだ方や、全くの未経験の方でも安心です。

面接で自信を持って、あなたの夢を叶えるための第一歩を踏み出しましょう!

この記事を書いた人
AKI

全くの未経験から独学とスクールを経て一年後にWebデザイナーへ転職。現在はWebデザイナー・Webディレクターを兼務。IT業界歴10年以上。

Webデザイナー未経験者が面接前に準備しておきたいこと

面接でよく聞かれる質問を把握しておくことで、事前に準備ができ、より自信を持って面接に臨むことができます。

また、面接前に企業のミッション、ビジョン、主要プロジェクト、使用するツールや技術を理解しておくことが重要です。

面接で差をつける!Webデザイナー頻出質問&対策パターン

Webデザイナーの面接では、自己紹介、志望動機、転職、スキル・経験、想定質問など、頻出質問がいくつかあります。

これらの質問に対する対策をしっかり準備しておくことが、面接成功への近道です。

面接官は、様々な質問を通して応募者の「人柄」や「スキル」、「熱意」などを総合的に判断しています。

頻出質問に対する対策を準備しておくことで、自信を持って面接に臨むことができます。

仮に想定外の質問があったとしても、余裕を持って柔軟に対応できるようになります。

  • 自己紹介:「なぜWebデザイナーになりたいのか」を具体的なエピソードを交えて話しましょう。
  • 志望動機:「なぜその企業を選んだのか」を熱意を持って伝えましょう。
  • 転職経験:「前職で何を学び、何を成長させたのか」をポジティブに伝えましょう。
  • スキル・経験:「自分の強みと弱み」を具体的な数字を使って伝えましょう。
  • 想定質問:「入社後にどのような仕事がしたいですか?」のように事前に想定される質問をリストアップしておきましょう。

面接で頻出される質問に対する対策をしっかり準備しておくことで、面接官に良い印象を与え、内定獲得に近づくことができます。

面接官に好印象を与える! 服装・身だしなみマナー

Webデザイナーの面接では、清潔感のある誠実な印象を与える服装と身だしなみをすることが大切です。

  • 服装や身だしなみは、第一印象を左右します。
  • 悪い印象を与えてしまうと、面接官の評価が下がる可能性があります。

第一印象は非常に重要であり、面接官は求職者の外見や態度からその人のプロフェッショナリズムを判断します。

清潔感のある服装や礼儀正しい態度は、信頼性と真剣さを伝える手段です。

  • 服装:私服で働く会社であっても、面接ではスーツかオフィスカジュアルがおすすめです。
  • 髪型:清潔感のある髪型できちんとセットしておきましょう。
  • 身だしなみ:爪を短く切ったり、ひげは剃るか長さを整えておきましょう。

服装や身だしなみは、面接官に与える印象を大きく左右します。

好印象を与えるために、清潔感と誠実さを意識した服装と身だしなみが重要です。

好印象を与えるためには応募時の履歴書写真も重要!

AKI

第一印象は書類選考の履歴書写真から始まっています!

実は面接以前に印象を与えるものとして、私は履歴書の写真も非常に重要視しています。

そもそも写真が貼られていない履歴書は、事前にその人をイメージすることができませんし、履歴書としては不備がある状態だと思っています。

そのような履歴書を提出する人というのは、今後仕事をする上でも同様の姿勢なのでは?と思ってしまうため、余程の事情でもない限り書類選考時点で落とすようにしています。

履歴書の写真は意外と力を入れていない人が多いのですが、その分ちゃんとした写真が貼ってあるだけで、他の求職者との差別化につながりますよ!

Webデザイナー面接でよくある質問と未経験者向けの対策

自己PR・志望動機編:あなたの魅力をアピールしよう!

自己PRや志望動機は、あなたの「強み」や「熱意」をアピールする絶好の機会です。

具体的なエピソードや数字を使って、説得力のあるアピールをしましょう。

  • 自己PRや志望動機は、面接官が最も重視するポイントの一つです。
  • 他の応募者との差別化を図ることができます。
  • 企業の求める人物像に合致していることをアピールすることができます。

自己PRでは、「学生時代に力を入れたこと」や「前職で成し遂げたこと」など、あなただけの具体的なエピソードを交えて話しましょう。

志望動機では、「なぜその企業を選んだのか」、「その企業で成し遂げたいこと」などを具体的に話しましょう。

「なぜこの企業を選んだのか」の質問には、その企業の特長や自分とのフィット感を具体的に述べることが重要です。

企業は、求職者が自社に興味を持ち、自社の文化や目標と合致しているかを確認したいと考えています。

AKI

具体的な志望理由を述べることで、あなたの真剣さが伝わります。

自己PRや志望動機は、あなたの魅力を存分にアピールできるチャンスです。

具体的なエピソードや数字を使って、説得力のあるアピールをしましょう。

スキル・経験編:あなたのスキルを効果的に伝えよう!

スキルや経験は、正直かつ具体的に伝えることが大切です。

自分を大きく見せようとして、できないことをできると言ってしまったり、知らないことを知っているかのように答えることはやめましょう。

仮にもしそのまま採用されたとしても、入社後には面接時に答えたスキルや経験の差が明白になりますので、双方不幸になるだけです。

具体的な数字や実際の成果などを用いて、説得力のあるアピールをしましょう。

面接官は、あなたのスキルや経験が実際に仕事に活かせるかどうかを知りたいと思っています。

具体的な数字や成果などを示すことで、あなたの能力を客観的に評価することができます。

特にWebデザイン未経験の場合は、熱意や学習意欲もアピールすることが大切です。

  • デザイン経験がある場合は、制作した作品やポートフォリオを持参しましょう。
  • コーディング経験がある場合は、使用できる言語や開発経験を具体的に話しましょう。
  • 経験が浅い場合は、実際に取り組んでいる学習内容や展望を話しましょう。

スキルや経験は、あなたの強みをアピールする重要なポイントです。

正直にかつ具体的に伝えることで、面接官に好印象を与えることができます。

想定質問編:面接官が知りたいあなたの本質

想定質問に対する答えは、事前にしっかりと準備しておくことが大切です。

企業理念や事業内容を理解した上で、熱意を持って答えましょう。

想定質問は、あなたの「考え方」や「価値観」を知るための一般的によく聞かれる質問です。

事前に準備しておくことで、自信を持って面接に臨むことができます。

企業理念や事業内容と自分の考えを結びつけることが大切です。

  • 「入社後にどのような仕事がしたいですか?」という質問には、具体的な目標とそのために必要なスキルをアピールしましょう。
  • 「あなたにとってWebデザインとは何ですか?」という質問には、独自の考えをアピールしましょう。

想定質問に対する答えは、あなたの「本質」を伝える重要な機会です。

多くの企業で聞かれる質問については、事前にしっかりと準備し、熱意を持って答えましょう。

その他の想定質問集

想定質問には他にも以下のようなテーマと質問があります。

あくまで一例ですが、どれも実際によく聞かれる質問ですので、事前に一度考えてあなたなりの答えを用意しておくと良いでしょう

学習意欲
  • デザインの知識やスキルをどのように身につけていくつもりですか?具体的な学習方法を教えてください。
  • 新しいデザインツールや技術を習得することに対して、どのような意欲を持っていますか?
  • 常に新しいデザインのトレンドを学び続けるために、どのような努力をしていますか?
コミュニケーション能力
  • チームでデザイン制作を行う場合、どのようにメンバーとコミュニケーションを取りますか?
  • クライアントとデザインについて議論する際、どのような点に注意していますか?
  • 意見が対立した場合、どのように相手に自分の意見を伝えますか?
熱意・意欲
  • なぜWebデザイナーという仕事にこだわるのですか?
  • Webデザイナーとして、どのような目標を達成したいですか?
  • 1年後、5年後、10年後の自分はどのようなWebデザイナーになっていると思いますか?
  • 困難な状況に直面しても、Webデザイナーとして仕事を続けるモチベーションは何ですか?
課題解決能力
  • デザイン制作において、クライアントの要望と異なる意見が出た場合、どのように対応しますか?具体的な事例を交えて教えてください。
  • 納期に間に合わなかった経験はありますか?その時はどのように対処しましたか?どのような対策を講じましたか?
  • デザイン制作において、予期せぬ問題が発生した場合、どのように解決しますか?具体的な思考プロセスを教えてください。

Webデザイナーとして働いた経験がなかったとしても、今後働いていく上でどうどのように考えるのかを問われることもあります。

そのような質問については、学生時代や前職での経験と置き換えて答えることや、Webデザインスクールで学んだ経験を踏まえて、自分なりの回答ができれば大丈夫です。

【関連記事】

逆質問で差をつける!Webデザイナー未経験者だからこそ準備しておきたい企業への質問

逆質問は、企業への関心や積極性をアピールするチャンスです。

Webデザイナーとしての経験がない、または少ないからこそ、事前に企業についてしっかりと調べ、具体的な質問を用意しておきましょう。

あなたから企業へ逆質問をすることで、聞かれたことに対してただ受動的に答えるのではなく、積極的にコミュニケーションを取ることができます。

入社後のキャリアパスなど、具体的な質問をすることで、将来に対する意欲をアピールすることができます。

企業への関心や積極性をアピールにもつながる逆質問例

ここではどの企業でも聞きやすい逆質問の例をまとめています。

募集要項や企業のサイトに書かれている内容だけでは情報が足りないと感じた部分や、面接官に聞かなければわからないことを中心に、あなたの興味・関心がある質問をしましょう。

企業理念・ビジョン
  • 御社の企業理念やビジョンについて教えていただけますか?
  • Webデザイン事業における、御社の強みや差別化ポイントはどのような点ですか?
  • 今後、Webデザイン事業においてどのような展開を予定されていますか?
職種・業務内容
  • この職種では、具体的にどのような業務を担当しますか?
  • 1日の業務の流れを教えていただけますか?
  • チームでどのような分担で仕事をしていますか?
  • 新人デザイナーが活躍できるような環境はありますか?
  • デザイナーとして成長するために、どのような研修制度がありますか?
社風・文化
  • 御社の社風や雰囲気はどのような感じですか?
  • デザイナー同士のコミュニケーションはどのように取っていますか?
  • 仕事とプライベートのバランスはどのように取れていますか?
  • 社員同士の交流イベントなどはありますか?
キャリアパス
  • この職種で、どのようなキャリアパスが考えられますか?
  • デザイナーとして、どのようなスキルや経験を積むことができますか?
  • 将来的に独立やフリーランスとして活躍することは可能ですか?
  • 社内でスキルアップできる制度などはありますか?
評価制度
  • デザイナーの評価基準はどのようなものですか?
  • 成果に応じてどのような評価を受けることができますか?
  • フィードバックはどのようにしてもらえますか?

Webデザイン未経験でも逆質問で好印象!逆質問ができる人とできない人の違い

これまでの私の面接官としての経験上、求職者へ「何か質問はありますか?」と聞いたときのパターンは、次のどちらかに分かれます。

  1. それまでの流れや会話内容を踏まえて準備してきた質問を的確に聞く人
  2. 「大丈夫です」といってほとんど何も質問してこない人

面接官という立場から見ると、的確な質問をする人は、コミュニケーション能力の高さや事前準備をしっかりするタイプとして好印象を持ちます。

一方で、何も質問をしてこない人は、上手くコミュニケーションが取れない、理解力が足りない、事前準備をしないタイプの人といったように、どうしてもあまり良くない印象を持ってしまいます。

実は逆質問は、面接官に好印象を与えるための重要なポイントなんです。

Webデザイン未経験であったとしても、企業について事前に調べ、具体的な質問を用意しておくことは、やるかやらないかの違いだけ!

経験やスキルが少ないからこそ少しでもプラスになるよう、できる準備をしっかりしてから面接に臨みましょう。

AKI

Webデザインの経験が浅くても、準備次第で差をつけられるのが逆質問!

【まとめ】Webデザイナー面接で絶対に聞かれる質問&対策マニュアル:完全版

Webデザイナーの面接は、経験者にとっても緊張するものです。未経験者であればなおさら不安を感じるでしょう。

しかし、適切な準備と心構えがあれば、必ず内定を掴み取ることができます。

この記事では、現役Webデザイナー10年以上の経験を持つ私が、Webデザイナー未経験者向けの面接対策を詳しく解説しました。

想定される質問や企業への逆質問、面接でのポイントなどを参考に、しっかりと準備を進めてください。

Webデザイナーの面接前に準備しておきたいこと
  • 頻出質問&対策パターン:自己紹介、志望動機、転職、スキル・経験、想定質問など、面接でよく聞かれる質問に対する対策をしっかり準備しておきましょう。
  • 服装・身だしなみマナー:清潔感と誠実さを意識した服装と身だしなみで、好印象を与えましょう。
Webデザイナーの面接でよくある質問と対策
  • 自己PR・志望動機編:具体的なエピソードや数字を使って、説得力のあるアピールをしましょう。
  • スキル・経験編:正直にかつ具体的に伝えることが大切です。数字や成果などを用いて、説得力のあるアピールをしましょう。
  • 想定質問編:事前に企業理念や事業内容を理解した上で、熱意を持って答えましょう。
逆質問は、企業への関心や積極性をアピールするチャンス
  • 逆質問例:事前に企業についてしっかりと調べ、具体的な質問を用意しておきましょう。
  • 逆質問ができる人とできない人の違い:逆質問は、面接官に好印象を与えるための重要なポイントになります。

諦めずに挑戦し続ければ、あなたの夢は必ず叶います。

最後に、Webデザイナーとして活躍するためには、常に新しい知識やスキルを学び続けることが大切です。

デザインのトレンドを常に把握し、積極的に新しい技術を習得しましょう。

また、コミュニケーション能力や問題解決能力なども重要です。

チームで円滑に仕事を進められるよう、コミュニケーション能力を磨き、課題に積極的に取り組む姿勢を養いましょう。

これらの点を意識しながら、Webデザイナーとしてのキャリアアップを目指してください。

応援しています!

【関連記事】