未経験Webデザイナーは受からない?就職・転職のリアル

転職ノウハウ

※アフィリエイト広告を利用しています

Webデザインは、自分の創造性を活かして、人々の生活を豊かにできる魅力的な仕事です。

しかし、未経験者にとって、就職・転職は厳しい道のりだと感じる人も多いでしょう。

Webデザインの実務経験がないから採用面接に受からない…

Webデザイナーになりたいけどアピールできるスキルがない…

そんな不安を抱えているあなたへ、この記事ではWebデザイナー未経験者でも就職・転職を実現するための方法を徹底解説します。

Webデザイナーへの道は決して簡単ではありません。

しかし、強い意志と努力があれば、夢を実現することは可能です。

この記事を参考に、あなたもWebデザイナーへの第一歩を踏み出してください!

この記事を読むことで、あなたは以下のようなことが得られます。

  • Webデザイナーとして必要なスキルと能力がわかる
  • 就職・転職のために必要な準備がわかる
  • 役立つサービスを知ることができる
  • 成功するために必要なヒントが得られる
AKI

Webデザイナーの夢を諦めずに、一緒に頑張っていきましょう!

タップできる目次
この記事を書いた人
AKI

全くの未経験から独学とスクールを経て一年後にWebデザイナーへ転職。現在はWebデザイナー・Webディレクターを兼務。IT業界歴10年以上。

未経験でWebデザイナーになるのは難しい?受からない?しっかり準備をすればあなたもなれます!

Webデザイナーは近年人気職種であり、求人倍率は高止まりしています。

しかし、未経験者だからといって就職・転職が難しいわけではありません。

実際に私自身も全くの未経験から、プロのWebデザイナーへの転職に成功しています。

また、企業は即戦力だけでなく、潜在能力や熱意を持った人材も積極的に採用しています。

私が働く会社では、過去に未経験者からWebデザイナーとして採用し、現在はチームリーダーとして活躍している人がいます。

AKI

未経験でも、しっかり準備すればWebデザイナーになれます!

Webデザイナーは本当に飽和状態?求人倍率の現実

Webデザイナーは人気職種であり、求人はたくさんありますが、応募者も多く競争は激化しています。

Webデザイナーの転職事情2023によると、Webデザイナーの転職希望者は前年比20%増加しています。

一方で、企業は即戦力となる経験者を優先的に採用する傾向があります。

転職エージェントの担当者によると、未経験者の場合、書類選考を通過するのは約20%とも言われています。

Webデザイナーは需要がある一方で、競争も激しい職種です。

企業が求める人物像とは?:Webデザイナー未経験でも採用されるためのポイント

企業としては、Webデザイナーとして以下のスキルや能力を持つ人を評価します。

  • 必要なスキル:HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎知識、デザインセンス、コミュニケーション能力
  • 歓迎されるスキル:Photoshop、Illustratorなどのデザインツール、WordPressなどのCMS
  • 重要な能力:向上心、熱意、学習意欲
AKI

私はスキルの中では「Photoshop」をかなり重要視しています。

【関連記事】

企業は、すぐに業務に貢献できる人材を求めていますが、同時に成長意欲の高い人材も評価します。

Webデザイナー採用担当者へのアンケート調査によると、80%以上の担当者が、未経験者でも「向上心」「熱意」「学習意欲」を重視すると回答しています。

実際に私が面接官として採用面接をする場合にも、技術的なスキルよりWebデザインへの熱意や学習意欲を重視して質問しています。

業界未経験者がWebデザイナーになるための具体的なステップ

以下のステップを参考に、Webデザイナーを目指しましょう。

  1. Webデザインの基礎知識とスキルを学ぶ
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 転職活動を行う

企業は、応募者に対して最低限のスキルと、実務で活かせるスキルを証明するポートフォリオを求めます。

転職活動では、自己PRや面接対策も重要です。

私も、独学とスクールでWebデザインを学び、ポートフォリオを作成して就職活動を行いました。

計画的に準備を進めることで、未経験者でもWebデザイナーになることができます。

未経験Webデザイナーが受からない理由

Webデザインは人気職種でありながら、未経験者にとって就職・転職は厳しいのが現状です。

ここでは、その理由を4つのポイントから詳しく解説します。

Webデザイナーとしての実務経験がない

Webデザイナーは実務経験が重視される職種であり、ポートフォリオは実務経験を補う重要なツールです。

AKI

Webデザイナーの「ポートフォリオ」は自分の作品集のこと!

企業は、即戦力となる人材を求めているため、実務経験が豊富な応募者の方が有利です。

ポートフォリオは、応募者のスキルやセンスを具体的に示すことができる唯一の資料です。

実務経験があれば、過去の実績をそのままアピールするといったことができます。

未経験の場合、実務経験として制作したものは当然ありませんので、架空のサイトやバナー、あるいはポートフォリオ自体を一つのサイトとして作り込むといった代替案が必要になります。

私も全くの未経験でWebデザイナーへ転職した際には、オリジナルサイトや模写サイトなどを複数作成し、ポートフォリオとしてデザインやコーディングのスキルをアピールしました。

質の高いポートフォリオを作成することで、実務経験不足をカバーし、就職・転職の可能性を高めることができます。

Webデザインに関するスキル不足

Webデザイナーとして必要なスキルは、独学やスクールなどで効率的に学習することができます。

最低限必要なスキルは限られており、HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎知識を習得すれば、Webサイト制作の基本的な流れを理解することができます。

スキルの習得方法として、独学は費用を抑えられる一方、時間と労力がかかります。

スクールは短期間で効率的にスキルを習得できますが、費用がかかります。

今では動画や参考書、参考となるWebサイトまたはプログラミングサイト等、数多くの独学の手段も増えていますので、自分に合った学習方法を選択し、継続的に学習することで、必要なスキルを身につけると良いでしょう。

Webデザイナーになりたいという自己PRが弱い

面接では、自分のスキルや経験だけでなく、熱意や向上心などを具体的に伝えることが重要です。

Webデザイナーは、高いモチベーションと継続的な学習意欲が求められる職種です。

自己PRでは、なぜWebデザイナーになりたいのか、どのようなスキルを持っているのか、どのように成長したいのかを明確に伝えましょう。

私も面接では、Webデザインへの熱意と学習意欲を具体的なエピソードを交えてアピールしました。

事前準備をしっかりと行い、自信を持って面接に臨みましょう。

Webデザイナーへの熱意が面接官に伝わらない

Webデザイナーへの強い熱意がなければ、採用担当者にモチベーションの低さを懸念されてしまいます。

Webデザインは、常に新しい技術やトレンドが生まれるため、高い学習意欲と継続的な努力が必要です。

熱意がないと、仕事へのモチベーションが維持できず、離職してしまう可能性もあります。

面接で「なぜWebデザイナーになりたいのか」という質問に、明確な答えができない人は、熱意が低いと判断されてしまう可能性があります。

熱意を言葉だけでなく、表情や態度で伝えることが重要です。

未経験でもWebデザイナーになるための対策

以下の対策を実行することで、未経験者でも就職・転職の可能性を高めることができます。

効率的なスキルアップのためのWebデザイン学習方法とおすすめ教材

以下の方法で効率的にスキルアップを目指しましょう。

  • 独学:書籍、Webサイト、オンライン動画などを活用する
  • スクール:プロの指導を受けながらスキルを習得する
  • 実務経験:インターンシップやボランティア活動に参加する

スキルアップをするには、自分に合った学習方法を選ぶことが重要です。

  • 独学は時間と労力がかかりますが、費用を抑えられます。
  • スクールは、短期間で効率的にスキルを習得できますが、費用がかかります。
AKI

少しでも早くWebデザイナーになりたい場合は、独学とスクールの両方を利用して一気にスキルアップするのがオススメです。

私の場合は、独学とスクールを両方利用して約1年で未経験からWebデザイナーへの転職を成功させました。

当時はまだYouTubeのような無料で学べる動画配信もプログラミングサイトもなかったことや、自宅に制作環境が整っていなかったこともあり、独学と言っても数少ない参考書やWebサイトで自分なりに勉強するといった程度です。

そのため、独学2割、スクール8割といった割合で時間も費用もかけていました。

今では動画や参考書、参考となるWebサイトまたはプログラミングサイト等、数多くの独学の手段も増えています。

自分に合った学習方法を選択し、継続的に学習することで、必要なスキルを身につけると良いでしょう。

私は、独学とスクールの両方を利用してスキルアップしました。

これから独学でコストを抑えてWebデザインの勉強をしてみようという方には、次のような教材がオススメです。

Webデザインの独学におすすめ教材の一例

何にするとしても続けられなければ意味がありませんので、自分に合った学習方法と教材を選び、継続的に学習することが重要です。

【関連記事】

未経験者におすすめのWebデザインスクール

多少コストをかけてでも、効率的にしっかり学んでいきたいという場合は、以下のスクールがおすすめです。

AKI

試しに無料相談会だけでも参加してみると一歩前進できますよ!

これらのスクールは、カリキュラムが充実しており、就職・転職に有利です。

プロの指導を受けながらスキルを習得できるため、短期間で効率的に学習できます

就職・転職サポートも充実しており、就職率が高いです。

自分に合ったスクールを選び、積極的に学習しましょう。

【関連記事】

Webデザイン実務経験がない人の作品例(ポートフォリオ)と作り方

以下のポイントを参考に、ポートフォリオを作成しましょう。

  • ポイント:自分のスキルや強みをアピールできる作品を掲載する
  • 作品例:オリジナルサイト、模写サイト、バナーデザインなど
  • 作り方:テーマを決めて制作する、制作過程を説明する

ポートフォリオは、自分のスキルや能力を証明する唯一の資料です。

ポートフォリオに質の高い作品を掲載することで、採用担当者に好印象を与えることができます。

私も、ポートフォリオにオリジナルサイトや模写サイトなどを掲載して、就職活動を行いました。

ポートフォリオは時間をかけて丁寧に制作し、自分の個性を表現することが重要です。

未経験Webデザイナーが実際の面接で想定される質問と回答例

以下の質問を参考に、面接対策を行いましょう。

想定される質問
  • なぜWebデザイナーになりたいのか?
  • どのようなスキルを持っているのか?
  • 自分の強みと弱みは?
  • 将来のキャリアプランは?
想定される質問への回答例
  • 自分の経験や熱意を具体的に説明する
  • ポートフォリオを見ながらスキルを説明する
  • 謙虚な姿勢で答える
  • 明確な目標を伝える

面接は、最初の印象が重要です。

想定される質問に対して、ある程度事前に答えを用意しておくと、落ち着いて話すことができます

話す時は、誠実な態度で、熱意を伝えることが大切です。

事前準備をしっかり行い、自信を持って面接に臨みましょう。

未経験Webデザイナーの効率的な転職活動の進め方:転職エージェント活用

転職エージェント活用のメリット
  • 面接対策のサポートを受けられる
  • 転職活動のアドバイスを受けられる

転職エージェントは、Webデザイナーの転職に特化したノウハウを持っているため、効率的な転職活動を進めることができます

転職エージェントが扱う非公開求人は、一般公開されていない求人であり、競争率が低くなります。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策のサポートを受けることで、より良い結果につながります。

特にWebデザイナーとしてどのようなことをアピールすべきか、自分のこれまでの経験やスキルを加味した対策を立てることができます。

私も、転職エージェントを利用して、非公開求人に応募し、就職することができました。

AKI

転職エージェントは誰でも無料で利用できるので使わない手はありません!

おすすめの転職エージェント

自分に合った転職エージェントを選び、積極的に活用しましょう。

【まとめ】未経験Webデザイナーは受からない?就職・転職のリアル

Webデザイナーは人気職種ですが、未経験で就職・転職するのは難しいと感じる人も多いでしょう。しかし、しっかり準備すれば夢は叶います!

現状把握:競争は激しいが、Webデザイナー未経験者でもチャンスあり

Webデザインは人気職種のため、求人倍率は高止まりしています。

しかし、応募者も多く、競争は激化しています。

企業は、即戦力となる経験者だけでなく、潜在能力や熱意を持った未経験者も積極的に採用しています。

実際に私自身も全くの未経験から、プロのWebデザイナーへの転職に成功しています。

AKI

私も全くの未経験から、プロのWebデザイナーへ転職しています!

Webデザイナーに必要スキルと能力:基礎知識+熱意が重要

Webデザイナーとして活躍するには、以下のスキルと能力が必要です。

必須スキル
  • HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎知識
  • デザインセンス
  • コミュニケーション能力
歓迎されるスキル
  • Photoshop、Illustratorなどのデザインツール
  • WordPressなどのCMS
重要な能力
  • 向上心
  • 熱意
  • 学習意欲

準備:Webデザインのスキルアップ、ポートフォリオ作成、面接対策

就職・転職の可能性を高めるためには、以下の準備が必要です。

スキルアップ
  • 独学、スクール、インターンシップなど、自分に合った方法で学習
ポートフォリオ
  • 実務経験がなくても作品を制作し、スキルや強みをアピール
面接対策
  • 想定される質問と回答例を準備し、自信を持って臨む

サポート:Webデザインスクール、転職エージェント

スクールや転職エージェントを利用すれば、効率的に転職活動を進めることができます。

未経験者におすすめのスクール(カリキュラム学習、就職・転職サポートなど)
おすすめの転職エージェント(非公開求人への応募、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など)

Webデザイナーは、努力と準備次第で未経験者でも目指せる職種です。

このガイドを参考に、熱意と行動力で夢を実現しましょう!