Webデザイナーになるには独学とスクールどっちがいい?メリット・デメリットを徹底解説!

スキル習得のための勉強法

※アフィリエイト広告を利用しています
Webデザイナーになるには独学とスクールどっちがいい?

未経験からあまりお金をかけずにWebデザイナーになれる?

Webデザイナーに早くなるためにはスクールに通うべき?

AKI

独学とWebデザインスクールのメリット・デメリットを解説します!

Webデザイナーは、WebサイトやWebアプリケーションのデザインや制作を行う職業です。

近年、WebサイトやWebアプリケーションが私たちの生活に欠かせないものになったことで、Webデザイナーの需要は高まっています。

しかし、未経験からWebデザイナーになるには、どのような方法があるのか、また必要なスキルは何かなど、わからないことがたくさんありますよね?

この記事では、実際に全くの未経験からWebデザイナーへ転職したWebデザイナー歴10年以上の私の経験を通して、Webデザイナーを目指すあなたにとって、独学とスクールはどちらが良いのか、それぞれのメリットを中心にわかりやすく解説します。

先に結論を言ってしまうと、コスト重視でとにかく費用をおさえたいなら「独学」、効率重視で少しでも早くWebデザイナーになりたいのであれば「スクール」がおすすめです!

この記事を読めば、あなたも独学とWebデザインスクールどちらが自分に合っているかがわかるようになります。

Webデザイナーを目指す人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

タップできる目次
この記事を書いた人
AKI

全くの未経験から独学とスクールを経て一年後にWebデザイナーへ転職。現在はWebデザイナー・Webディレクターを兼務。IT業界歴10年以上。

Webデザイナーを目指すなら独学とスクールどっち?メリット・デメリット比較

Webデザイナーになる方法は、大きく分けて独学とスクールの2つがあります。

どちらの方法が自分に合っているか、まずは独学とスクールのメリット・デメリットの概要をそれぞれ比較してみます。

独学でWebデザイナーになるメリット

  • 自分のペースで学習を進めることができる
  • 費用を抑えることができる
  • 自分の好きな教材で学習できる

独学でWebデザイナーになるデメリット

  • モチベーションを維持するのが難しい
  • わからないことがあっても自分で解決する必要がある
  • 体系的に学ぶのが難しい

Webデザインスクールのメリット

  • 体系的に学ぶことができる
  • プロの講師から指導を受けることができる
  • 同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することができる
  • 就職・転職サポートが受けられる

Webデザインスクールのデメリット

  • 費用がかかる
  • 通学する時間がかかる
  • 自分のペースで学習できない
AKI

費用を抑えるなら独学、効率重視ならスクールがオススメ!

独学やスクールでWebデザインを学ぶ際の3つの検討ポイント

Webデザイナー未経験者がこれからWebデザインを学ぶ上のであれば、以下の3つのポイントを踏まえて検討して決めるとよいでしょう。

結論としては、独学は費用を抑えて自分のペースで学びたい人に、Webデザインスクールは効率的に短期間で学びたい人に向いていると言えます。

Webデザインの学習時間

独学の場合は、自分のペースで学習を進めることができるため、焦らずゆっくり学習していきたい人や、自分で学習時間を確保できる人に向いています。

Webデザインスクールの場合は、決められたカリキュラムに沿って期間内に学習を進めるため、短期間でWebデザイナーになりたい人や、自分で学習時間を確保するのが苦手な人に向いています。

Webデザインの学習にかかる費用

独学でWebデザインに関する書籍や解説サイト、無料動画を見るなどして学ぶ場合は、そこまで費用をかけずにWebデザインを学習することができます。

書籍や動画を自分で探して、学習ペースも自分で決めて進めることになるため、ある程度長期的な学習が必要になるケースが多くなります。

Webデザインスクールの場合、独学と比較するとそれなりに費用がかかります。

ただし、Webデザインスクールの場合は、最適化されたカリキュラムに沿って、プロの講師から指導を受けることができるため、効率的に短期間で学ぶことができます。

学習期間が長くなると、その分の生活費や、Webデザイナーになれていれば稼げたであろう収入を得られないことにもつながることも費用として考慮する必要があります。

Webデザイナーを目指すモチベーションの維持

独学の場合は、モチベーションを維持するのが難しいため、一人でもしっかり学習を継続できる人に向いています。

Webデザインスクールの場合は、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しながら学ぶことができるため、モチベーションを維持しやすいです。

AKI

Webデザイン学習の比較ポイントは「学習時間」「費用」「モチベーション」

独学でWebデザイナーになる3つのメリット

独学イメージ

独学でWebデザイナーになるメリットは、以下の3つです。

独学でWebデザイナーになる3つのメリット
  • 自分のペースで学習できる
  • 費用を抑えられる
  • 自分の好きな教材で学習できる

独学は、自分の興味や理解度に合わせて学習を進めることができるため、効率的に学習を進めることができます。

Webデザインスクールに通う場合と費用面を比較すると、費用を抑えることができます。

独学でWebデザイナーの勉強をする場合は、自分で参考本を買ったり、解説サイトを色々と見ながら進めていくことになります。

今ではWebデザイナーに関する情報がかなり充実していますので、それだけで十分な知識やスキルを身に付けることができます。

独学でのWebデザイン学習の初期投資は、時間もお金もほとんどかかりません

非常にハードルが低く、とても気軽に始められます。

また、今後Webデザイナーとして働いていく中でも、技術の進歩やデザインにも流行り廃りがあるため、「ネットで必要な情報を収集をする」という技術はとても重要になります。

あなたも興味を持ったことやわからないことがある時には、すぐに自分でネットを使って調べるようにしましょう。

独学でWebデザイナーになる3つのデメリット

独学でWebデザインを学ぶことは、時間や費用を自由に管理できるというメリットがある一方で、以下のような3つのデメリットが存在します。

独学でWebデザイナーになるデメリット
  • モチベーションを維持するのが難しい
  • わからないことがあっても自分で解決する必要がある
  • 体系的に学ぶのが難しい

これらのデメリットを克服するためには、強い意志と忍耐力が必要です。

独学でWebデザインを学ぶことを検討している場合は、これらのデメリットを理解した上で、自分に合った学習方法を見つけることが重要です。

モチベーションを維持するのが難しい

独学の場合、周囲に同じ目標を持つ仲間がいなかったり、具体的な学習計画がなかったりするため、モチベーションを維持するのが難しいという課題があります。

わからないことがあっても自分で解決する必要がある

独学の場合、わからないことがあっても自分で解決する必要があります。

解決策を見つけるために多くの時間と労力を費やすことになり、学習効率が低下する可能性があります。

体系的に学ぶのが難しい

独学の場合、体系的に学ぶのが難しいという問題があります。

必要な知識やスキルを漏れなく学ぶためには、自分で学習計画を立てて、効率的に学習を進める必要があります。

Webデザイナーの独学勉強法

独学でWebデザイナーになるには、以下のステップで学習を進めるのがおすすめです。

学習の進め方

  1. デザインスキルとコーディングスキルの基礎を学ぶ
  2. 実際にWebサイトを制作する
  3. ポートフォリオを作成する

おすすめの教材

  • 書籍
  • オンライン講座
  • 無料のWebデザインツール

【関連記事】

Webデザインスクールの4つのメリット

スクールイメージ

スクールでWebデザイナーになるメリットは、以下の4つです。

Webデザインスクールの4つのメリット
  • 体系的に学習できる
  • プロの講師から指導を受けられる
  • 同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することができる
  • 就職・転職サポートが受けられる

スクールでは、Webデザイナーに必要なスキルを体系的に学ぶことができます。

特に独学だけでは調べれば調べるほど情報が出てきてしまいます。

何をどこまで勉強したら良いのかわからない人や、誰かに相談しながら勉強していきたい人にとっては、Webデザインスクールがお勧めです。

Web業界歴の長いプロの講師や、現役でWebデザイナーをやっている講師から直接指導を受けることができるため、実践的なスキルや知識を効率的に身につけることができます。

また、スクールでは就職や転職のサポートを受けられるため、Webデザイナーとして就職・転職をゴールとする場合には、成功の近道になる可能性が高いでしょう。

Webデザインスクールの3つのデメリット

Webデザインスクールは、短期間で実践的なスキルを身につけることができるというメリットがある一方で、以下のような3つの大きなデメリットが存在します。

Webデザインスクールの3つのデメリット
  • 費用がかかる
  • 通学する時間がかかる
  • 自分のペースで学習できない

スクール選びの際は、カリキュラム内容、講師陣、学費、通学時間、学習方式などを比較検討しましょう。

また、無料体験レッスンなどを活用して、実際にスクールに通ってみることをおすすめします。

費用がかかる

Webデザインスクールの学費は、数ヶ月で数十万円から、場合によっては100万円以上かかることもあります。

多くのスクールでは、入学金無料や早期割引などのキャンペーンや割引制度を実施していますので、必ず活用するようにしましょう。

通学する時間がかかる

通学型のスクールの場合、授業時間以外にも、通学時間が必要になります。

仕事や家事などで忙しい人にとっては、時間的な制約が大きくなります。

通学時間を削減方法としては、オンライン講座の活用があります。

オンライン講座であれば、自宅や近所のカフェ等でも学習できるので、通学時間の削減につながります。

自分のペースで学習できない

スクールでは、カリキュラムや授業スケジュールが決まっているため、自分のペースで学習することができません。

理解が追い付かない場合は、置いていかれてしまう可能性があります。

Webデザインスクールで効率的に、かつ自分のペースで学習したい場合は、場所や時間の制約が少ないオンライン講座の活用や、個別指導のスクールを選ぶことで、自分の理解度に合わせて学習を進めることができます。

私のWebデザインスクール体験談

AKI

私は独学だけではなく、Webデザインスクールにも通って勉強していました!

私がWebデザインスクールに通ったのは、悩んだり考えている時間があるなら、まずは専門学校に話を聞きに行ってみて、それから考えようと思ったのがきっかけです。

私がWebデザイナーを目指し始めた頃は、周りに相談できるような人もおらず、書籍や動画も今ほどは充実していなかったこともあり、独学だけでWebデザイナーになれるイメージを持てなかったというのも大きいです。

試しに電車で1時間位のところにあった専門学校まで行き(オンラインスクールなんて思い付きもしなかったし、当時はまだほとんど無かったはず)、Webデザイナーという職業や仕事内容、カリキュラムについて、色々と説明を聞いて資料を見せてもらった結果、直感的にとても良さそうだったので、その場でそのまま入学を決めました。

今思うとかなり安易な考え&決め方だったかな〜なんて思ったりもしますが、その結果として体系的に短期間でWebデザインを基礎から学ぶことができて、その後もしっかりとキャリアを築けていますので、それはそれで良かったのかなと思っています(笑)

今ではオンラインのWebデザインスクールも数が増え、それを実現できるインターネット環境も整っています。

Webデザインスクールでは、オンライン・対面授業どちらを選べこともできる上に、未経験から最短45日という短期間でプロレベルのデザインスキルが身につく日本デザインスクールや、転職できるまでのサポートや半永久の学習サポート付きのクリエイターズファクトリーのようなスクールも登場しています。

もしWebデザイナーになりたいけど、未経験だからと不安を感じているのであれば、一度Webデザインスクールの説明会だけでも参加してみると、今よりも一歩前進できますよ!

【関連記事】

Webデザインスクールを選ぶ2つのポイント

Webデザインスクールを選ぶ際には、以下の2つのポイントを参考にしましょう。

カリキュラム

自分の目的やレベルに合ったカリキュラムが用意されているか確認しましょう。

Webデザイナースクールには、初心者向けから上級者向けまで、さまざまなレベルのカリキュラムが用意されています。

自分の目的やレベルに合ったカリキュラムが用意されているスクールを選ぶことが大切です。

サポート体制

質問や相談に対応してくれるサポート体制が整っているか確認しましょう。

Webデザインは、独学で学ぶこともできますが、Webデザインスクールに通うことで、プロの講師から指導を受けることができ、効率的にスキルを身につけることができます。

Webデザインスクールには、質問や相談に対応してくれるサポート体制が整っている場合が多く、学習をスムーズに進めることができます。

また、就職・転職サポートが充実しているか確認しましょう。

スクールの中には、就職・転職サポートが充実しているところもあります。

あなたはWebデザイナーとして就職・転職を目指していると思いますので、就職・転職サポートが充実しているスクールを選ぶとよいでしょう。

【まとめ】Webデザイナーになるには独学とスクールどっちがいい?メリット・デメリットを徹底解説!

ここまで、Webデザイナーになるには独学とスクールの2つの方法があること、それぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

結論として、独学は費用を抑えて自分のペースで学びたい人に、スクールは効率的に学びたい人に向いていると言えます。

独学でWebデザイナーになる3つのメリット
  • 自分のペースで学習できる
  • 費用を抑えられる
  • 自分の好きな教材で学習できる
独学でWebデザイナーになる3つのデメリット
  • モチベーションを維持するのが難しい
  • わからないことがあっても自分で解決する必要がある
  • 体系的に学ぶのが難しい

独学のメリットは、自分のペースで学習できる、費用を抑えられる、自分の好きな教材で学習できることです。一方、デメリットはモチベーション維持の難しさ、問題解決の必要性、体系的な学習の難しさが挙げられます。

Webデザインスクールの4つのメリット
  • 体系的に学習できる
  • プロの講師から指導を受けられる
  • 同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することができる
  • 就職・転職サポートが受けられる
Webデザインスクールの3つのデメリット
  • 費用がかかる
  • 通学する時間がかかる
  • 自分のペースで学習できない

Webデザインスクールは、体系的なカリキュラムで効率的に学べる、プロの指導を受けられる、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨できる、就職・転職サポートが受けられるというメリットがあります。一方、費用がかかる、通学する時間がかかるというデメリットもあります。

AKI

どちらの方法が自分に向いているかは、以下の3つのポイントを検討して決めるとよいでしょう。

学習時間

独学の場合は、自分のペースで学習を進めることができるため、ある程度の学習時間を確保できる人に向いています。

スクールの場合は、カリキュラムに沿って学習を進めるため、ある程度の学習時間を確保できない人に向いています。

費用

独学の場合は、費用を抑えることができます。

スクールの場合は、費用がかかりますが、プロの講師から指導を受けることができるため、効率的に学ぶことができます。

モチベーション

独学の場合は、モチベーションを維持するのが難しいため、自ら学習を継続できる人に向いています。

スクールの場合は、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しながら学ぶことができるため、モチベーションを維持しやすいです。

項目独学Webデザインスクール
メリット費用を抑えられる
自分のペースで学べる
体系的に学習できる
プロの講師から指導を受けられる
同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することができる
就職・転職サポートが受けられる
デメリットモチベーションを維持するのが難しい
わからないことがあっても自分で解決する必要がある
体系的に学ぶのが難しい
費用がかかる
通学する時間や費用がかかる
自分のペースで学ぶことが難しい
費用無料〜数万円数十万円〜数百万円
学習時間自分のペースで学べるカリキュラムに沿って学習する必要がある
カリキュラム自分の好きな教材を選んで学べるカリキュラムに沿って学習する必要がある
サポート体制質問や相談に対応してくれるサポート体制がない質問や相談に対応してくれるサポート体制が充実している
就職・転職サポート就職・転職サポートがない就職・転職サポートが充実している
独学とWebデザインスクール比較表

Webデザイナーになるためには、デザインスキルとコーディングスキルを両方身につけることが大切です。

独学やWebデザインスクールでしっかりと学習して、あなたもWebデザイナーとして活躍しましょう。

未経験から最短45日という短期間でプロレベルのデザインスキルが身につく日本デザインスクールや、転職できるまでのサポートや半永久の学習サポート付きのクリエイターズファクトリーのようなスクールも登場しています。

もし迷っているのであれば、試しに無料相談会だけでも参加してみると一歩前進できますよ!

【関連記事】