未経験から最短でWebデザイナーになる方法

PAK86_raburi-go-sutoraita-20140125500

これからWebデザイナーを目指す未経験の人が、「どうすれば“最短で”プロのWebデザイナーになれるか?」について書きたいと思います。

必要最低限何ができれば良いか?

プロのWebデザイナーになるには、色々と身につけるべきスキルがありそうで、何から手を付けたら良いのかわからない…という人も多いと思います。

一口にWebデザイナーと言っても、様々なタイプの人がいるので、自分がどんなタイプを目指すかによっても多少は異なりますが、まずは次の二つができる(使える)ようになることが“最短”でWebデザイナーになるためには必要です!

  • Photoshopというソフトを使ってデザイン(ビジュアル制作)
  • Dreamweaverというソフトを使ってコーディング(HTML言語でコードを書く)

デザイン(ビジュアル制作)

Webデザイナーである以上、デザイン(ビジュアル制作)というのは切っても切り離せません。

デザインをするために使用するソフトは、IllustratorやFireworks等いくつかありますが、“最短”でプロのWebデザイナーを目指すには、何はともあれPhotoshopというソフトを使ってデザインができるようになりましょう。

コーディング(HTML言語でコードを書く)

次に自分がデザインしたページをWeb上で誰もが見られるようにするためには、コーディング(HTML言語でコードを書く)という作業が必要です。

HTML言語を全て覚えられればベストですが、これまで馴染みのない未経験の人には、それもなかなかハードルが高いのも事実です。そこでまずは、Dreamweaverというソフトを使えるようになりましょう。

HTMLの大まかな仕組みや、色々なタグを理解できれば、Dreamweaverを使うことでとても簡単に、かつ効率的にコーディングができます。

最初はなかなか覚えられないHTMLのタグも、実際にどんどんDreamweaverの助けを借りながらコーディングをしていくことで、自然と身に付いてきます。

全てのタグを暗記してからコーディング…なんてことは時間がもったいないので、ひとつでも多くのページをコーディングしていきましょう。

その他のスキル・使用ソフトは?

Webデザイナーとして必要なスキルは他にもJavaScript(jQuery)やPHPといった簡単なプログラム、魅力的な文章やキャッチコピーを書くライティング等色々あります。

使えた方が良いソフトに関してもIllustratorやFireworks等いくつもあり、どれもできればできることの幅も広がり、成果物のクオリティが上りますが、当然それぞれ習得するには時間がかかります。

時間をかけてすべてマスターしてからWebデザイナーとして働く…というよりは、まずは今回ご紹介した必要最低限のスキルだけを身に付けて、Webデザイナーとして実際に働き始めてしまい、その他は働きながらスキルアップしていくという方が効率的です!

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です