Webデザイナーへの道!未経験からの5ステップ成功法

はじめに

※アフィリエイト広告を利用しています
Webデザイナーへの道!未経験からの5ステップ成功法

Webデザイナーになりたいけど、未経験だから不安…

Webデザイナーになるには、何から始めればいいの?

AKI

Webデザイナーになるためのロードマップをご紹介します!

Webデザイナーは、Webサイトやアプリのデザインや制作を行う仕事です。

近年、Webサイトやアプリの需要が高まっていることから、Webデザイナーの需要も拡大しています。

未経験からWebデザイナーを目指す場合、まずWebデザイナーの仕事内容や必要なスキルを把握することが大切です。

また、Webデザイナーになるための学習方法やスケジュールを決め、継続して学習することが重要です。

この記事では、Webデザイナーを目指すあなたに向けて、実際に全くの未経験からWebデザイナーへ転職したWebデザイナー歴10年以上の私の経験を通して、未経験からWebデザイナーになるための5つのステップを解説します。

あなたが普段聞き慣れない言葉もいくつか出てくるかもしれませんが、細かなことは気にせず、まずは大枠の流れや全体感を掴んでもらえたらと思います。

この記事を書いた人
AKI

全くの未経験から独学とスクールを経て一年後にWebデザイナーへ転職。現在はWebデザイナー・Webディレクターを兼務。IT業界歴10年以上。

STEP1:準備

未経験からWebデザイナーを目指す場合、まずWebデザイナーを目指す理由を明確にし、必要なスキルや知識を把握し、学習方法やスケジュールを決めておくことが大切です。

Webデザイナーを目指す理由が明確になっていないと、モチベーションが維持しにくくなります。

また、必要なスキルや知識を把握しておかないと、効率的な学習ができません。

学習方法やスケジュールを決めておくことで、学習を継続しやすくなります。

「なんとなくWebデザイナーになりたい」という漠然とした理由で学習を始めても、途中で挫折してしまう可能性があります。

まずは、Webデザイナーの仕事内容ややりがいなどを調べて、自分がWebデザイナーに向いているかを確認しましょう。

STEP1では、以下の3つを意識しましょう。

STEP1:準備
  • 自分のWebデザイナーになる理由を明確にする
  • Webデザイナーに必要なスキルや知識を把握する
  • 学習方法やスケジュールを決める

STEP2:スキルの習得

Webデザイナーになるためには、HTML/CSSやデザインの基礎を学ぶ必要があります

また、実践的なWebデザインを学ぶことで、よりスキルを磨くことができます。

HTML/CSSは、Webサイトの基本的な構造を決める言語です。

デザインの基礎は、色彩やレイアウトなどの基本的な知識です。

実践的なWebデザインを学ぶことで、Webサイトを実際にデザインする力を身につけることができます。

HTML/CSSの基礎を学ぶには、オンライン講座や独学で学ぶことができます。

デザインの基礎を学ぶには、Webデザインの教科書やオンライン講座で学ぶことができます。

実践的なWebデザインを学ぶには、ポートフォリオサイトやデザインコンテストに参加したり、Web制作のアルバイトやインターンに参加したりするとよいでしょう。

STEP2では、以下の2つを意識しましょう。

STEP2:スキルの習得
  • HTML/CSSやデザインの基礎を学ぶ
  • 実践的なWebデザインを学ぶ
AKI

オンラインスクールなら効率的に基礎を学べます!

【関連記事】

STEP3:デザイン作成

実際にWebサイトをデザインする際には、デザインの目的やターゲットを決め、ワイヤーフレームを作成してからデザインを制作するとよいでしょう。

デザインの目的やターゲットを決めることで、Webサイトの方向性が明確になります。

ワイヤーフレームを作成することで、デザインの段取りを立てることができます。

デザインの目的は、商品やサービスを売ることや、企業のブランディングなどです。

ターゲットは、Webサイトを見てもらう人です。ワイヤーフレームは、紙やWeb上で簡単に作成することができます。

私のこれまでの経験では、定番ツールであるAdobeのPhotoshopが使えるようになることが、未経験からプロのWebデザイナーになるための最短コースだと考えています。

STEP3では、以下の2つを意識しましょう。

STEP3:デザイン作成
  • デザインの目的やターゲットを決める
  • ワイヤーフレームを作成する

【関連記事】

STEP4:ポートフォリオ作成

ポートフォリオは、Webデザイナーとしてのスキルや実績をアピールするための重要なツールです。

AKI

Webデザイナーのポートフォリオは自分の作品集のこと

構成や作品選び、完成度にこだわって作成しましょう。

ポートフォリオは、転職活動やフリーランスの案件獲得の際に役立ちます。

構成や作品選びが適切でないと、自分のスキルや実績が伝わりづらくなってしまいます。

完成度が高いポートフォリオを作成するためには、時間をかけ丁寧に作成することが大切です。

ポートフォリオの構成は、作品の種類やターゲットによって異なります。

作品選びは、自分のスキルや実績をアピールできる作品を選びましょう。

完成度を高めるために、第三者からもフィードバックを受けられると尚良いです。

STEP4では、以下の3つを意識しましょう。

STEP4:ポートフォリオ作成
  • 構成や作品選びにこだわる
  • 完成度を高める
  • 第三者からのフィードバックを受ける

【関連記事】

STEP5:転職活動

ポートフォリオを完成させたら、いよいよ転職活動です。

ポートフォリオの他に履歴書や職務経歴書といった提出書類を作成し、転職サイトや転職エージェントを活用して効率的に転職活動を進めましょう。

履歴書や職務経歴書は、自分のスキルや経験をわかりやすく伝えるために、丁寧に作成しましょう。

履歴書や職務経歴書は、自分のスキルや経験をわかりやすく伝えるために、職種や業界の用語を使い、簡潔にまとめましょう。

転職サイトやエージェントは、Webデザイナー向けの求人を多数取り扱っています。

転職エージェントを活用することで、求人情報を効率的に検索したり、面接のセッティングをしてもらったりすることができます。

面接対策は、自分のスキルや経験をアピールできる回答を用意しておくことが大切です。

自己PRや志望動機を繰り返し練習しておきましょう。

STEP5では、以下の3つを意識しましょう。

STEP5:転職活動
  • 履歴書や職務経歴書を丁寧に作成する
  • 転職サイトやエージェントを活用する
  • 面接対策をする

転職エージェントの役割とメリット

未経験からのWebデザイナー転職には、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、転職活動をサポートするサービスです。

転職活動の経験やノウハウが豊富なキャリアアドバイザーが、求人の紹介や書類選考の対策、面接のアドバイスなど、転職活動のあらゆる場面でサポートしてくれます。

転職エージェントを利用するメリットは、以下のとおりです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 自分のスキルや経験に合った求人を紹介してもらえる
  • 履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてもらえる
  • 面接対策をしてもらえる
  • 条件交渉を代行してもらえる
  • 入社後のフォローをしてもらえる

転職エージェントを活用することで、転職活動を効率的に進めることができます。

まだ利用したことがない場合は、ぜひ転職エージェントの利用も検討してみてください。

転職エージェントの選定と登録

転職エージェントの選定は慎重に行い、登録時にあなたのスキルやキャリア目標を明確に伝えましょう。

転職エージェントの専門分野や提供サービスは異なるため、あなたの希望条件やスキルに合ったエージェントを選ぶことが転職の成功に繋がります。

Webデザイン未経験からの転職を考えている場合、デザイン関連の求人情報に強いエージェントを選び、あなたの学習経験やスキルを伝えてキャリアアドバイスを受けることが大切です。

これらのステップを通じて、転職エージェントのサポートを受けながら、求人情報の収集やアドバイスを通じて、成功へのステップを進めることができます。

最終的に転職エージェント経由で転職するかどうかは別としても、Web業界の知識やトレンドについて詳しいエージェントに直接相談できるというのは、Web業界未経験のあなたにとって非常にプラスになります。

また、転職エージェントでは履歴書や職務経歴書の添削、面接対策やアドバイスをしてくれます。

何社ものWeb業界の会社とやり取りをしている担当者からのアドバイスはとても心強く、当時未経験だった私も安心して転職活動を進められたことをよく覚えています。

実際に私も利用したことがあり、周りのWebデザイナー仲間からも評判の良かったWeb業界に強い転職エージェントを厳選してご紹介します。

AKI

無料で利用できますので、相談して情報収集するだけでも価値ありです!

Webist

Webistは、Web業界・広告/出版業界の転職・就業事情に精通したエージェントが、ひとりひとりの理想のキャリアプラン・ライフプラン実現に向けて、きめ細かくサポートしてくれます。

サイトを運営しているのは、1990年設立のクリエイター・エージェンシーのパイオニア、株式会社クリーク・アンド・リバー社(東証一部上場)です。

\ Web業界専門の転職・派遣情報サイト/

Webist 公式サイト

doda

dodaは、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介してくれます。

専門スタッフが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポートしてくれるのでとても安心です。

\ 専任のキャリアコンサルタントが、マンツーマンで転職のアドバイス! /

doda 公式サイト

まとめ

未経験からWebデザイナーを目指す場合、以下の5つのステップを踏むことで、効率的にスキルを身につけ、転職活動を成功させることができます。

  1. 準備
    • Webデザイナーを目指す理由を明確にする
    • 必要なスキルや知識を把握する
    • 学習方法やスケジュールを決める
  2. スキルの習得
    • HTML/CSSやデザインの基礎を学ぶ
    • 実践的なWebデザインを学ぶ
  3. デザイン作成
    • デザインの目的やターゲットを決める
    • ワイヤーフレームを作成する
  4. ポートフォリオ作成
    • 構成や作品選びにこだわる
    • 完成度を高める
    • 第三者からのフィードバックを受ける
  5. 転職活動
    • 転職サイトやエージェントを活用する
    • 履歴書や職務経歴書を作成
    • 面接対策をする

特に重要な部分を箇条書きでまとめると、以下のとおりです。

  • Webデザイナーを目指す理由を明確にする
    • モチベーションを維持するために重要
  • 必要なスキルや知識を把握する
    • 効率的な学習のために重要
  • ポートフォリオ作成にこだわる
    • Webデザイナーとしてのスキルや実績をアピールするために重要
  • 転職エージェントを活用する
    • 転職活動を効率的に進めるために重要

このロードマップを参考に、あなたも未経験からWebデザイナーを目指すための学習や転職活動を進めていきましょう。