未経験から最短でWebデザイナーになる方法

はじめに

※アフィリエイト広告を利用しています

未経験から最短でWebデザイナーになる方法が知りたい

知識やスキル、何から手を付けたら良いのかわからない…

AKI

最短でWebデザイナーになる方法教えます!

この記事では、実際に全くの未経験からWebデザイナーへ転職したWebデザイナー歴10年以上の私が、未経験から最短でWebデザイナーになる方法をわかりやすく解説します。

未経験からWebデザイナーになれるかどうか、結論から言うと「Yes」です。

Webデザイナーは、必ずしも資格が必要な職業ではありませんし、未経験者を積極的に採用している企業も多くあります。

しかし、未経験からWebデザイナーを目指すには、ある程度のスキルや知識を身につける必要があります。

この記事を書いた人
AKI

全くの未経験から独学とスクールを経て一年後にWebデザイナーへ転職。現在はWebデザイナー・Webディレクターを兼務。IT業界歴10年以上。

最短でWebデザイナーになるために必要なスキルは2つだけ

Webデザイナーとして必要なスキルや知識は数多くあります。

未経験から最短でWebデザイナーなるためには、大きく分けて2つのスキルを身につければOKです!

最短でWebデザイナーになるために必要なスキル
  • コーディング
  • デザイン
AKI

最低限必要なスキルはコーディングとデザインだけ!

最低限この2つのスキルがあればWebデザイナーとして働くことが可能です。

次は、コーディングとデザインについて、それぞれどのような事ができれば良いのかをご紹介します。

どちらも広く深い内容ですが、最短かつ最低限という意味では、Adobeの2つのソフトが扱えるようになれば大丈夫です。

Dreamweaverでコーディング(コードを書く)

WebサイトやWebページをパソコンやスマホから誰でも見られるようにするためには、コーディング(HTMLやCSSというプログラム言語でコードを書く)という作業が必要になります。

HTMLやCSSというプログラム言語を全て覚えられればベスト良いのですが、これまでプログラムに馴染みのない未経験者には、かなりハードルが高く、ある程度まとまった時間の勉強が必要です。

そこでまずは、AdobeのDreamweaverというWebサイトのレイアウトやデザインを組むためのソフトを使えるようになりましょう

HTMLやCSSの大まかな仕組みや、いくつかの重要なコードを理解できれば、Dreamweaverを使うことでとても簡単に、かつ効率的にコーディングができます。

最初はなかなか覚えられないHTMLやCSSのコードも、Dreamweaverの助けを借りながらコーディングをしていくことで、自然と身に付いてきます。

最初はメモ帳のようなテキストエディターを使って手打ちで始めた方が良いという人もいますが、正直時間がもったいないです。

私の体感としては、Dreamweaverのようなサポートソフトを使いながら、一つでも多くのページをコーディングしていく方がスキルや知識が早く身に付くと考えています。

AKI

コーディングはDreamweaverで効率的に!

【関連記事】

Photoshopでデザイン(ビジュアルを作る)

Webデザイナーである以上、デザイン(ビジュアルを作る)というのは切っても切り離せません。

色彩やレイアウト、フォントなどを組み合わせて、ユーザーに訴求力のあるデザインを作成します。

デザインをするために使用するソフトとしては、AdobeのPhotoshopという画像やイラストを制作するためのソフトを使ってデザインができるようになりましょう

似たようなソフトとしてIllustratorもありますが、Webデザインをする上での使用頻度はそこまで多くありません。

これまでの私の現場感としては、Photoshop8割、Illustrator2割くらいのイメージです。

AKI

デザインはPhotoshopからマスターしましょう!

Adobe Creative Cloud

「Adobe Creative Cloud」には、Webサイトのデザイン・コーディングに必要なツールが揃っています。※通常価格 72,336 円/年 (税込)

例えば、デザインツールの「Photoshop」や「Illustrator」、コーディングツールの「Dreamweaver」などです。

これらのツールを組み合わせることで、Webサイトのデザインからコーディングまで、一貫したワークフローで作業することができます。

【アドバンスクールオンライン】なら、Adobe Creative Cloudを39,980円/年(税込)の学割価格で購入できる上に、Adobeアプリに関連した11講座を1年間の質問サポート付きでお得に学べます。

【関連記事】

その他のスキル・使用ソフトは?

Webデザイナーとして必要なスキルとしては、Webサイトに動きをつけるJavaScript(jQuery)やPHPといったプログラム、魅力的な文章やキャッチコピーを書くライティング、クライアントやエンジニアなど様々な人とコミュニケーションをとるスキル等、他にも色々あります。

Webデザインをする上で使えた方が良いソフトとしては、AdobeのIllustratorやXD、他には直接的ではないものの、Office関連(Outlook、Excel、Word、PowerPoint)等いくつもあります。

どれも身に付ければ表現の幅も広がり、成果物となるWebサイトやページのクオリティが上りますが、それぞれ習得するには時間がかかります。

時間をかけてすべてマスターしてからWebデザイナーとして働く…というよりも、まずは今回ご紹介した2つのスキルを身に付けましょう。

その上で、Webデザイナーとして実際に働き始めてしまい、働きながらスキルアップしていくという方が効率的です!

実際にWebデザイナーを目指すまでの流れを、5つのステップで紹介している記事もありますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

【関連記事】