「Webデザイナー」とは?

PAK85_iroenpitunaname131310500

「Webデザイナーってそもそも何をする仕事なんだろう?」

「パソコンを使ってなんかデザインするんだろうな〜」

周りにWebデザイナーの知り合いがいなかった私は、実際にWebデザイナーの勉強を始めるまではこの程度しかわかっていませんでした(笑)。

私が転職を考えていた頃は、ブログで日記を付けている人はいましたが、まだFacebookやTwitterといった、写真や動画を記事と一緒にスマホやパソコンから投稿できるような誰でも気軽に使えるサービスはありませんでしたので、そもそもデザインをしたところで、どうやって多くの人に見てもらえるようになるのかすらサッパリわかりませんでした。

今回は、「Webデザイナーになりたい!」とは思ったものの、実際は何をするのかよくわからないという人のために、まずは簡単に何をする人なのかをテーマにしたいと思います。

Webデザイナーとは何をする人なのか?

「Webサイトをデザインする人」を指します。

これは読んで字のごとくです(笑)。
もっと一般的?に言い換えると「ホームページを作る人」になります。

ただし、実はこの定義は働く環境によってかなり違います。
というのも、個人で運営しているサイトやブログなら一人でも完結できますが、企業のWebサイトともなると、サイトを通じて実現したいことや関わる人数の規模が全然違ってくるからです。

作業分担の一例

個人の趣味レベルではなく、仕事として規模の大きいWebサイトを作る(運用する)場合、基本的には次のような作業分担をして、チームで仕事をすることになります。

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • デザイナー
  • コーダー
  • プログラマー
  • ライター

大きな規模の組織で働く場合

Webデザイナーの仕事は、規模が大きければ大きい程、上に上げた例のように役割が細分化されています。

しっかりとした大きな組織体制で、関わる人数も多い環境で働く場合は「デザイナーだからデザイン(ビジュアル制作)だけすればいい!」ということもあります。

小さな規模の組織で働く場合

少人数の小さな組織で働く場合は、企画段階から関わり、サイトの構成を考えて、自分で全体のスケジュールを管理しながらデザイン、そしてコーディング(HTML言語でコードを書く)まで担当します。

さらにコンテンツによっては簡単なプログラムを書いたり、Flashでアニメーションや動画を作ってみたり…と一人で手広く担当してるWebデザイナーもいます!

ちなみに私はこのタイプになります!

共通して求められるスキル

大きな規模と小さな規模の組織で働く場合をそれぞれ簡単に説明をしましたが、どちらの場合でもWebデザイナーとして求められる共通のスキルが2つあります。

  1. デザイン(ビジュアル制作)
  2. コーディング(HTML言語でコードを書く)

1はWebデザイナーというくらいなので当たり前かもしれませんが、Webサイトを作る上では、2のコーディングができる(もしくは仕組みがわかる)必要があります。

紙に印刷して見てもらうチラシやポスターのデザインとは違い、Webサイトの場合は、作ったデザインをコンピューターが理解できるHTML言語に変換し、様々な環境の画面で表示をさせ、ボタンなどのリンクを押してもらって、別のページを見てもらう、商品を購入してもらうといった次のアクションにつなげる必要があります。

Webデザイナーを目指すには、いきなりデザインから入るのではなく、まずはコーディングから始めましょう!

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です