Webデザイナーとして働く3つの方法

C789_mbawosawarute500

まず、Webデザイナーとして働く方法は大きく分けて3つあります。

それぞれメリットとデメリット、向き不向きがありますので、どれが一番良いということではありません。

自分の性格やライフスタイルに合った働き方を選ぶのがベストだと思います。

ではそれぞれ少し詳しく説明していきます。

制作会社で働く

Webデザイナーに転職すると言ったら、これを思い浮かべる人が多いかもしれません。

Webサイトを制作する業務を専門的に扱っていますので、競合他社に負けないクオリティやスピード感が求められます。

また、色々な業種の企業から外注として仕事を請け負うことになりますので、関わる案件は多岐にわたります。

その一方で、残業が多かったり、休日出勤があるといった会社も多く、拘束時間が長くハードな働き方になる人が多いです。

制作会社の規模にもよりますが、Web制作に関する各分野のスペシャリストが揃っていますので、現場で働くプロから直接学べることがとても多いのも特徴です。

プライベートを犠牲にしてでもとにかく早くスキルを身に付けていきたいという人にはオススメです!

制作会社の職場環境

デザインを専門に扱う会社らしく、オシャレな作りのオフィスが多いです。

服装や身だしなみも基本的には自由な会社がほとんどです。

企業のWeb制作部門で働く

私の働き方はこれに該当します。

自社サイトの運用・リニューアルなどを主に担当します。

社内のWeb制作部門とは別に、難しいプログラムなどに関しては外注を使っているという企業も多いです。

働く企業が何をする企業なのかによって仕事の内容が大きく左右されます。

そのため、自分の興味のあるサービスや商品を扱う企業を選ぶことが重要です。

自社のサービスや商品を勉強して、その強みや特徴をサイトの運用やリニューアルに活かすといったことが必要となります。

興味がない分野だとそうした勉強の部分がかなり厳しくなるため、長く働き続けることは難しいでしょう。

企業のWeb制作部門職場環境

企業の社風に大きく影響されます。

例えば営業主体の企業の場合、基本的に社内に居て外部の人と会うことがないWebデザイナーだとしても、営業マンに近い格好(スーツ)で働くこともあります。

フリーランスで働く

ノマドなんて言葉も流行ってましたし、Webデザイナーとして一番イメージされやすい働き方かもしれません。

パソコンさえあればできる自由な働き方で、仕事の内容も自分で選ぶことができます。

実際にWebデザイナーとして働く人の中でも、「いつかはフリーランスに…」と思っている人も多いです。

その一方、個人で継続的に仕事を受注する営業的なスキルや、勤務時間という概念がないため、自分自身を律することが必要になります。

また、仕事を依頼する側の気持ちになって考えればわかることですが、技術的にもある程度のレベルがあり、しっかりとした過去の実績がなければ厳しいでしょう。

フリーランスの職場環境

基本的に仕事は一人で完結、パソコンとネットがつながっていれば仕事ができるので、職場も自宅の人が多いですね。

もちろん服装身だしなみもその人次第!